債権への個別投資のリスクについて

債権へ投資する上で、その運用にはリスクがともないます。債権には金利変動リスク、インフレリスク、信用リスクを抱えています。


債権市場では常に債券価格は変わっています。これを価格変動リスクといいます。債権では物価上昇に耐えることは出来ません。
これをインフレリスクといいます。

さらに債権に投資するということは、お金を貸すということですから元本が返ってこないと困ります。
これを信用リスクといいます。
また、債権には金利変動リスクがあります。
長期金利と確定利付証券(債権)の価格との関係ですが、長期金利が上がると債券の価格は下がります。逆に、長期金利が下がってしまうと債券価格が上がっていきます。
例えば、金利1%10年もの国債を買うと受取総額は単純計算で10年後に満期時の100万円と1年に1万円の配当で総額110万円受け取れます。

しかし翌年、金利1.5%の10年の国債が発行されれば、この国債で10年後に受け取る総額は115万円となるため、比較すると1.5%の国債に投資家の人気が集中します。


債権の金利があがると、このように古い債権を売って新しい債券を買う人が増えます。

その結果、債券市場で古い債権は在庫が増え、在庫が増えると価格は下がります。

これが金利が上がると価格が下がるからくりになります。

債権に投資する基本は、金利が高いときに買うと、利子も高いため売るときにも有利になります。


債権は金利が高いときに投資することが基本になります。

信用の高い国や企業は、低い金利での資金調達が行えますが、信用の低い国や企業は高い金利での資金調達を余儀なくされます。

一方で、投資家には高い金利で資産運用を行いたいという心理が働き、信用の低い国や企業の債権を購入してしまうことにつながりかねません。

債権満期時の返済を果たせなくなるばあいを不履行といい、信用の低い国債や社債には、この不履行という李信用リスクが存在します。
債権の信用リスクは、格付け機関が提示する評価を参考にすることが出来ます。

ご自身の資産を運用するために、FX取引を始められる方が多くいらっしゃいます。


FX取引とは、外国為替市場の値動きによって差益を得ることが出来る投資となっております。

このFX取引はインターネットの普及とともに、一般の方へ大きく普及してきた投資です。


インターネットが普及してからは、パソコン画面上でリアルタイムで値動きを確認しながら、ワンクリックで注文を出すことが出来るようになり、自宅に居ながら簡単に投資が出来ると人気が出て、多く一般の方へ普及された投資となっております。

低額な資金からでも始められるという事も、人気の1つとなっております。

FX取引を始める方が増えるとともにFX取引サービスを提供する業者も増え、各社様々なサービスを打ち出しており、ご自身の取引方法に合わせた良い業者を探し出すことが出来るようになっております。

FX取引を行っていくうえで重要なことが、売値と買値の間の値であるスプレッド幅と、各国の金利差で発生するスワップ金利です。

FX取引を提供している業者によってこのような値に違いがあり、FX取引を始めるにあたって口座を開設するのに、ご自身の取引方法にとって最も向いた業者探しを行うことが重要なこととなっております。

中長期的に取引を行っていく場合はスワップ金利に、短期決戦で利益を上げるためにはスプレッド幅に注目をして、業者選びをされることをお勧めいたします。

その他にも、口座開設にあたってのキャンペーン、お試しで取引を行うことが出来るデモ取引、数千円から取引を行うことが出来る少額投資、取引高に応じた各種キャンペーンと、業者によって様々なサービスが提供されておりますので、それらにも注目をして口座を開設されることをお勧めいたします。

上手に取引を行って運用することによって大きな利益を生み出すことも出来ますので、ご自身の資産運用方法の1つとしてFX取引をされることを視野に入れられることをお勧めいたします。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t234/201502/540682.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/9883/
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8838151.html