単一や単二などの電池の名称

乾電池の種類として単一や単二、単三電池などがありますが、この「単」とは「単位電池」という意味です。

その昔1935年代の頃、乾電池は今のような形ではなく、いくつかをまとめて大きな一つのものを作っていました。

しかしそれ以降は今のような形になり、単一や単二といったように今の形ので使われるようになりました。



つまり、ここで言う単一や単二の「単」とは、単独の意味である、ということです。この名称で正式に呼ばれるようになったのは1942からになります。



また、「単」の後の数字ですが、これは作られた順番に数えられ、数が上がるほど物理的な大きさは小さくなります。



余談ではありますが、乾電池は科学反応を利用して電気を作り出しており、この化学反応は温度が低いほど起こりにくくなります。

そのため、温度が高いところのほうが長持ちし、また温度が低いところのほうが使える期間が短くなったりします。



しかしながら、最近は品質も上がっているため、あまり気にするほどではなくなっております。




https://www.youtube.com/watch?v=7TeEfBJl5oA
http://gigazine.net/news/20110508_defective_toilet_paper/
http://www.hoppou.go.jp/livecamera/